仕事は変わりがありません

昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事は変わりがありません。

離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、配偶者の浮気の確固たる裏付けがどうしても必要です。

しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、ストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。

仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に効果を発揮します。

通常の金銭感覚からすれば、探偵を使って浮気調査をする際の費用は高いように思う人が多いようです。

とはいえ、価格重視で選んでも不倫の決定的証拠が得られなかったら、時間とお金の無駄遣いですよね。

理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、高額な代金を請求するところが絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは実に悩ましいところです。

探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。

営業所の住所や連絡先などは、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。

相談しながら調査内容を設定していき、どのような作業で料金がだいたいどのくらいになるか仮見積もりを出してもらえます。

相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、納得いくまで考えてから依頼することもできます。

一般的に不倫の証拠に使える写真というと、浮気相手と共にホテルに入るシーンなどは、はずせないです。

頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になる場合が多いようです。

裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影しなければ意味がないので、そういった仕事に長けている探偵を利用する方が良いのではないでしょうか。

最近はデジタル技術が発達したので、浮気しているかもしれない人の居場所をGPSで発見することが容易になりました。

調べたい相手にGPS搭載のスマホを使わせることさえできれば、今いる場所が分かってしまうのはすごいですね。

非合法な方法ではありませんし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、GPSが役立つかもしれません。

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、不倫の証拠集めには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも要求されます。

その上、突発的な事態に対し、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼人を推定しやすいということからも、徹底的に注意を重ねるのがプロの探偵です。

探偵業を営むには特に資格や免許などは要求されません。

とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、業務開始前日までにその地域の警察署に赴き、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、探偵業届出証明書を交付してもらって、許可を受けることだけは省略できません。

これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。

許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。

うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、それさえあれば、もう、思う存分、相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。

私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。

家族関係の悪化や失職するなど、さんざんな末路になるかもしれませんが、浮気の調査の比較で自業自得でしょう。